●スマホビューに切り替え▶

2007年 12/29〜チュニジア

図書館で借りてきた「チュニジアンドア」という本を見て行きたくなったチュニジアは、

初のアフリカ大陸への旅行でもありました。

 

首都のチュニス→砂漠の街ドゥーズ→サハラ砂漠で年明け→チュニス→経由地のフランスへという工程の旅行。

一番のハイライトはラクダに乗って行くサハラ砂漠でした。

 

ただ、サハラ近くへの深夜バス乗車中、天井のガラス窓が外れて後方に落ち、ずっと雨が降り込み、ずぶ濡れになって寝れないというトラブルもありましたが、砂漠の良い思い出にはなりました。

 

しかし1番印象に残ったのは、チュニスの北の街「シディブサイド」。

街並みも地中海の風景も最高!

 

旅行バッグはキャンバス×革で作ったメッセンジャーバッグでした。

サハラ砂漠へはラクダに乗っていきます

サハラ砂漠へはラクダに乗っていきます。1時間半ですが15分でお尻が痛くなりました。

 

「シディブサイド」の地中海が望める高台は「素晴らしい」の一言です。

「シディブサイド」の地中海が望める高台は「素晴らしい」の一言です。

 

チニュジアンドアはいくつもありましたが、お気に入りの写真はこちら

チニュジアンドアはいくつもありましたが、お気に入りの写真はこちら。

 

 

 

2008年 1/2〜フランス

チュニジアで年越しをしてから経由地のフランスへ。

パリだけの滞在でしたが、やはりヨーロッパ!「海外へ来てるんだなあ」という実感が湧きます。

華やかなイメージ通りと、意外と雑多で汚い街並みもあり、それが混在しているのが素敵な街でした。

 

意外と歩けるパリの街。凱旋門やエッフェル塔など歩いて行けました

意外と歩けるパリの街。凱旋門やエッフェル塔など歩いて行けました。

 

パリの夕暮れの街並み。だったような気がする写真です

パリの夕暮れの街並み。だったような気がする写真です。

 

マレ地区で撮った「パリジェンヌと石畳がいかにもパリ!」な1枚

マレ地区で撮った「パリジェンヌと石畳がいかにもパリ!」な1枚。

フランス国旗の配色でイカリ刺繍をした商品たち

封筒型のお財布

封筒型のお財布

 

BICミニライター専用レザーケース

コメント
コメントする